吉徳ひな祭俳句賞

吉徳ひな祭俳句賞 2013年入賞作品

恒例の第30回吉德ひな祭俳句賞の応募要項が決定しました。 今回も多数の皆様のご応募をお待ちしております。

第二十九回「吉徳ひな祭俳句賞」は、おかげさまで応募総数四千八百五十三句の投句をいただきました。
この中から、一般の部十二作品、ジュニアの部十二作品を、選者 黒田杏子先生によって選出させていただき、ここで発表させていただきます。

【選者吟】

  • 足摺の札所の寺の古雛
  • 雪の降る町つるをかの雛の灯
  • 雛の句選みて二十九年目

    黒田 杏子

一般の部  入賞12作品・応募総数2,078句 (敬 称 略)

【最優秀賞】

  • 雛飾る少女の貌は変わりゆく

    半田 良浩 (三九歳 歯科医師)栃木県宇都宮市

【一席】

  • 紙の雛飾る教室雛祭り

    竹村 雄次(五二歳 教員)長野県飯田市

【二席】

  • 祖母の家華やかにするおひなさま

    横店 愛結美(十七歳 高二)東京都・日本橋女学館高等学校

  • 小さな手大きく広げ雛あられ

    菅原 華(十六歳 高一)東京都調布市

【三席】

  • おひなさま未来の私見つめてる

    徳永 優(十六歳 高二)東京都・日本橋女学館高等学校

  • さよならと母は呟き雛納め

    梶 政幸(四七歳 自営業)千葉県長生郡

  • 手の上で語り掛けつつひな飾る

    長谷 喜美子(主婦)神奈川県川崎市

【四席】

  • いとしさに心やわらぐひなまつり

    岡田 七海(十六歳 高二)東京都・日本橋女学館高等学校

  • 旧姓も遠くになりて雛の宵

    小島 通代(六九歳 主婦)栃木県佐野市

  • 雛飾り幼き客を待ちにけり

    岡本 幸江(八七歳 呉服商)山口県大島郡

  • 月明り白酒召されお雛さま

    富永 さつき(六四歳 主婦)静岡県浜松市

  • 吹雪く夜に雛と百の母の来る

    小林 ハル(六五歳 農業)新潟県上越市

ジュニアの部 入賞12作品・応募総数2,775句(敬称略)

【最優秀賞】

  • 踏み出せるきっかけになれ雛まつり

    長島 雄大(中三)青森県・佐井村立佐井中学校

【一席】

  • おひなさまあかりをつけてうたいます

    わたなべ ことみ(小三)東京都・葛飾区立幸田小学校

【二席】

  • おひな様暖かい日にかざったな

    根岸 寿行(中一)埼玉県・川越市立福原中学校

  • ももさいたおかえりなさいおひなさま

    池田 朱里(小四)愛媛県・八幡浜市立松蔭小学校

【三席】

  • おひなさまみんなにしあわせわけている

    宮崎 駿(小六)兵庫県・篠山市立城北小学校

  • おひなさまつらい時でも笑ってる

    岩倉 春姫(中二)東京都・日本橋女学館中学校

  • おひなさま月を見ている美しい

    寺沢 あいり(小四)長野県・高森町立高森北小学校

【四席】

  • ひな祭り笑ったことが懐かしい

    桜井 彩香(中一)福岡県・北九州市立大谷中学校

  • おひなさまかざるとすぐに春が来る

    山下 幸星(小三)兵庫県・篠山市立大芋小学校

  • ひなまつり感謝の気持忘れない

    吉澤 優香(中二)東京都・江東区立深川第四中学校

  • 折り紙の手作り雛もほこらしげ

    桜井 波菜(中一)埼玉県・小川町立欅台中学校

  • 母さんがわらってかざるおひなさま

    波多野 六花(小二)兵庫県・篠山市立大山小学校

黒田杏子先生 総評(直筆)

 
 

お知らせ

  • 吉徳の歴史
  • 日米親善人形
  • 節句人形の飾り方・しまい方
  • 吉徳ひな祭俳句賞
  • 吉徳これくしょん

△ページトップへ