吉徳ひな祭俳句賞

吉徳ひな祭俳句賞 2008年入賞作品

第二十四回「吉徳ひな祭俳句賞」は、おかげさまで応募総数四千三百七句の投句をいただきました。
この中から、一般の部十二作品、ジュニアの部十二作品を、選者 黒田杏子先生によって選出させていただき、ここで発表させていただきます。

【選者吟】

  • 雛飾りたる尉と姥白寿の間
  • 句座果てて月の嵯峨野の雛祭
  • 雛の句えらみえらみて古稀迎ふ

    黒田 杏子

一般の部 入賞12作品・応募総数2,553句(敬称略)

【最優秀賞】

  • おりがみの雛を抱いて眠る子よ

    麻倉 遥(二五歳 巫女)京都府京都市

【一席】

  • ひな祭り家族みんなで雛を見る

    坂口 友理恵(十七歳 高二)東京都・日本橋女学館高等学校

【二席】

  • 石匠の石の七段飾り雛

    植木 緑愁(農業)茨城県石岡市

  • ひな祭りたえない笑顔響く声

    小林 由季(十六歳 高一)長野県・豊科高等学校

【三席】

  • ひな祭り今年も一年ありがとう

    田村 絢菜(十六歳 高二)東京都・日本橋女学館高等学校

  • 安らけき世にひな祭とこしなへ

    武村 悦子(五九歳 主婦)高知県高知市

  • 今もなほ二人の母の雛飾る

    辻内 三重子(六六歳 主婦)三重県桑名市

【四席】

  • 雛かざる母の面影ひな祭

    嘉本 芳子(七三歳 主婦)東京都練馬区

  • 雪残る山の駅舎の古雛

    矢野 みはる(四九歳 主婦)東京都板橋区

  • 皆の顔やさしくなるや雛の家

    小池 富美子(五七歳 主婦)東京都杉並区

  • としごとに大人びてゆく雛のかほ

    松村 敦子(六三歳 主婦)新潟県三島郡

  • こまごまと母とその母雛飾る

    山崎 秀雄(三十歳 会社員)埼玉県吉川市

ジュニアの部 入賞12作品・応募総数1,754句(敬称略)

【最優秀賞】

  • じいちゃんがかざり続ける祖母のひな

    桐山 龍也(小四)兵庫県・篠山市立大芋小学校

【一席】

  • おひな様春をひきつれやって来る

    北總 ひろ美(中三)東京都・日本橋女学館中学校

【二席】

  • ひなの間に集まって来て夕ご飯

    岡田 真紀(小六)兵庫県・篠山市立大山小学校

  • おひな様地球平和にしてください

    大前 杏優(小三)兵庫県・篠山市立大芋小学校

【三席】

  • ひなまつりかぞくをみてるまもってる

    中嶋 梨々香(小三)大阪府高槻市

  • ぼんぼりがひなと私をつつみこむ

    加藤 ひなの(小六)愛知県・安城市立丈山小学校

  • ひなまつり家族みんなで歌うたう

    宮川 悠衣(小五)愛媛県・八幡浜市立松陰小学校

【四席】

  • 箱の中ひな人形は何思う

    堂田 葵(十四歳)兵庫県宍粟市

  • 梅の花一輪散ったらひな祭

    沓名 啓太(小六)愛知県・安城市立丈山小学校

  • おひな様足はしびれてないですか

    実原 彩奈(小六)長野県・阿智村立第二小学校

  • 平安の時よみがえるひな祭り

    清水 理沙(中二)埼玉県・ときがわ町立玉川中学校

  • ひな祭り今年もいっしょにがんばろう

    菅 凌也(小五)愛媛県・今治市立岡村小学校

黒田杏子先生 総評(直筆)

 
 
 
 
 
  • 吉徳の歴史
  • 日米親善人形
  • 節句人形の飾り方・しまい方
  • 吉徳ひな祭俳句賞
  • 吉徳これくしょん

△ページトップへ