吉徳ひな祭俳句賞

吉徳ひな祭俳句賞 2009年入賞作品

第二十五回「吉徳ひな祭俳句賞」は、おかげさまで応募総数三九五五句の投句をいただきました。
この中から、一般の部十二作品、ジュニアの部十二作品を、選者 黒田杏子先生によって選出させていただき、ここで発表させていただきます。

【選者吟】

  • お白酒満たされてゆく江戸切子
  • ちちの眼鏡ははの帯止め雛段に
  • 雛の間雛の膳のはこばるゝ

    黒田 杏子

一般の部 入賞12作品・応募総数2,289句(敬称略)

【最優秀賞】

  • 合格をそっと雛に告げにけり

    春日 恭子(四四歳 ケアマネージャー)新潟県佐渡市

【一席】

  • 図書室の小さな小さなお雛さま

    本田 正四郎(五九歳 無職)埼玉県桶川市

【二席】

  • おひな様今年も笑って会えました

    冨松 実(二九歳 会社員)神奈川県横浜市

  • 嫁ぐ娘の雛にささやくさやうなら

    猪股 一幸(八八歳 農業)新潟県佐渡市

【三席】

  • 待っててねもうすぐ逢えるおひな様

    土屋 由紀子(二七歳 自由業)北海道札幌市

  • ひな祭やさしい気持になれる時

    小野寺 美里(高三)東京都・日本橋女学館高等学校

  • 震災の街に飾りしお雛様

    松下 弘美(四七歳 塾講師)兵庫県神戸市

【四席】

  • 去年より背伸びた少女雛飾る

    藤井 陽菜(高三)長野県松本蟻ヶ崎高校

  • 遠き日の恋なつかしや雛の髪

    北村 純一(六三歳 会社員)神奈川県厚木市

  • 愛らしき子が美しき雛に逢う

    後藤 順(五六歳 公務員)岐阜県岐阜市

  • おひな様かわいい笑顔幸せだ

    井上 真依(高一)東京都・日本橋女学館高等学校

  • ひな壇の前で毎年家族写真

    松本 美恵子(三一歳 主婦)東京都稲城市

ジュニアの部 入賞12作品・応募総数1,666句(敬称略)

【最優秀賞】

  • ひなおさめとてもかなしくなるんです

    藤木 克成(小四)東京都・葛飾区立幸田小学校

【一席】

  • ひなまつり一番好きな行事だよ

    楢原 美穂(小五)大阪府・大阪市立大宮小学校

【二席】

  • ひな様と一緒にくらした十年間

    外岡 真帆(小四)兵庫県・篠山市立大芋小学校

  • ひなまつりやっとこの日がやってきた

    中島 梨々香(小四)大阪府・高槻市立奥坂小学校

【三席】

  • ひなかざるかあさんの顔やさしいな

    宇都宮 さや(小五)愛媛県・八幡浜市立松陰小学校

  • 流しびな病気を飛ばせたのんだよ

    赤阪 美樹(小六)兵庫県・篠山市立城北小学校

  • 雛祭りうぐいす共にやってくる

    岡本 祐里子(中三)埼玉県・ときがわ町立玉川中学校

【四席】

  • 雛だんを何度も見上げる小さな子

    水本 真美(中三)宮崎県・諸塚村立諸塚中学校

  • にっこにこくちいっぱいにひなあられ

    旭 桃子(小四)東京都・葛飾区立幸田小学校

  • ひなの日のお祭りさわぎの平和かな

    森 翔(中一)青森県・むつ市立大湊中学校

  • ひな人形ちょっとの間家族だよ

    宮下 龍之介(小五)長野県・高森町立高森北小学校

  • お雛様春の始まりつげている

    友田 美紗(中二)東京都・日本橋女学館中学校

黒田杏子先生 総評(直筆)

 
 
 
 
  • 吉徳の歴史
  • 日米親善人形
  • 節句人形の飾り方・しまい方
  • 吉徳ひな祭俳句賞
  • 吉徳これくしょん

△ページトップへ