吉徳ひな祭俳句賞

吉徳ひな祭俳句賞(第30回) 2014年入賞作品


第30回「吉徳ひな祭俳句賞」は、おかげさまで応募総数4,882句の投句をいただ きました。
この中から、一般の部12作品、ジュニアの部12作品を選者・黒田杏子(くろだももこ)先生によって選句させていただきここに発表させていただきます。

【選者吟】

  • 雛店の 三百年の 十二代
  • 寂庵に 句座ありしこと 雛の間も
  • 産土の 本郷へ越す 雛を連れ

    黒田 杏子

一般の部  入賞12作品・応募総数2,079句 (敬 称 略)

【最優秀賞】

  • 園児らの 白きくつした 雛の会

    前田 千文 (四四歳 主婦)沖縄県中頭郡

【一席】

  • 年毎に 増やす思ひ出 雛飾る

    宮永 麻子(七一歳 主婦)京都府京都市

【二席】

  • 津波禍に 耐へてひひなの 和み顔

    下田 久美(七二歳 主婦)宮城県気仙沼市

  • 雛人形 生まれて最初の プレゼント

    石原 優美(十六歳 高一)東京都・日本橋女学館高等学校

【三席】

  • わが妻に そっと贈らう 雛あられ

    大日方 英樹(四五歳 会社員)新潟県新潟市

  • 桃の香の 向こうの未来 雛まつり

    石神 由美子(五二歳 主婦)北海道札幌市

  • てのひらの 雛古りにけり 吾も亦

    堺 隆(七五歳 無職)北海道札幌市

【四席】

  • 避難所に 座して貴とし 雛一対

    森山 勉(七七歳 農業)新潟県燕市

  • おひなの眼 私の未来 語ってる

    砂山 明日香(十六歳 高一)東京都・日本橋女学館高等学校

  • たましいの 夜明けと思ふ 雛飾る

    吉田 美津江(八十歳 無職)群馬県みどり市

  • 特養や この日のおやつ ひなあられ

    杉本 正太郎(八三歳 無職)東京都豊島区

  • 茅葺きの 雪かすかなり 雛の家

    千吉良 岳(五一歳 中学校教員)青森県むつ市

ジュニアの部 入賞12作品・応募総数2,803句(敬称略)

【最優秀賞】

  • ひな祭り みんなの成長 いのります

    宮崎 留維(小三)東京都・葛飾区立幸田小学校

【一席】

  • おひな様 かざらなくても 母がいる

    森本 万結(小五)兵庫県・篠山市立大山小学校

【二席】

  • 折り紙の お雛様にも 美しさ

    今井 健(中二)埼玉県・小川町立欅台中学校

  • 幸せと さけびたくなる おひな様

    西井 蒼天(小四)兵庫県・篠山市立大山小学校

【三席】

  • ひな人形 どんな時でも 笑ってる

    桜井 愛佳(小五)長野県・飯田市立竜丘小学校

  • 妹と 同じえがおの おひなさま

    中村 亮翔(小五)兵庫県・篠山市立城北畑小学校

  • ひなまつり えがおいっぱい たのしむぞ

    さとう ゆうか(小一)東京都・葛飾区立幸田小学校

【四席】

  • 笛の音に 扉を開け たひな祭

    伊藤 彩乃(中三)埼玉県・川越市立福原中学校

  • 木箱あけ ほほえむ妹 雛のよう

    中里 咲季(中三)東京都・江東区立深川第四中学校

  • おひなさま やさしい顔の お友だち

    田本 葵(小二)愛媛県・八幡浜市立松蔭小学校

  • ひな祭り この時期家は かがやいてる

    小林 美玲(中一)福岡県・北九州市立大谷中学校

  • お雛様 見据える先は 私の未来

    山口 菜摘(中三)東京都・日本橋女学館中学校

黒田杏子先生 総評(直筆)

 
 
 

お知らせ

  • 吉徳の歴史
  • 日米親善人形
  • 節句人形の飾り方・しまい方
  • 吉徳ひな祭俳句賞
  • 吉徳これくしょん

△ページトップへ