吉徳これくしょん

吉徳これくしょんについて

「吉徳これくしょん」が台東区有形民俗文化財として登載されました。

この度、当社が所蔵している「吉徳これくしょん」の和書581件と一枚刷237件が台東区有形民俗文化財として登載されました。登載された中には、日本の人形玩具史を考える上で欠かせない文献や江戸東京の歴史資料として重要なものも含まれています。
(台東区有形民俗文化財とは、昭和62年に東京都台東区文化財保護条例が施行され、区の歴史・文化を理解する上で必要な文化財を台東区区民文化財台帳に登載し、その中で特に貴重なものを台東区指定文化財としているものです)


吉德十世・山田德兵衛(1896~1983)は人形業界の重鎮であったのみならず、日本における人形玩具研究の第一人者でした。生涯にわたり数多くの著作を遺しましたが、なかでも『日本人形史』(1942)、および『新編 日本人形史』(1961)は初めて人形を学術的に体系づけた名著として、今なお研究者のバイブルとされています。

「吉德これくしょん」は、その十世が昭和初期頃から研究資料として収集した品々を母胎とする、人形玩具ならびに文献資料等の集合体です。たとえば、日本人形の祖形といわれる祓いのひとがた、人形工芸の極致ともいえる江戸期の御所人形、節句飾りの変遷を示す古雛や五月人形、また人形や玩具が描かれた浮世絵など…その数は無慮数千点に及びます。

吉德では、これらの保存と適切な活用とを図るため、1980年に資料室を開設しましたが、2014年の社屋新築を機に展示室を設けて広く皆様のお目にかけることといたしました。まことにささやかな展示ながら、これらの持つ楽しさ、美しさをお汲み取りいただき、併せて日本の誇る人形玩具文化へのご理解を深めていただければ、この上なき幸せに存じます。

[吉德資料室]
吉德資料室が保存管理する「吉德これくしょん」は、資料の性質上、常時すべてを展示してはおりませんが、時に応じて展示替を行い、また折々に企画展も開催いたします。なお、美術館・博物館への貸出やマスコミの取材、および研究者の資料調査や質問等には随時対応いたします。お気軽にお問い合わせ下さい。

資料室長:林 直輝
顧 問:小林すみ江
学芸員 :石塚 友

[ご利用案内]
展示室所在地◆株式会社吉德 浅草橋本店4階
〒111-8515 東京都台東区浅草橋1-9-14
観覧時間◆10:00~17:00
休日◆本店休業日、展示替期間
※メンテナンス等により、臨時にお休みする場合がございます。
観覧料◆無料
交通◆JR総武線「浅草橋」駅下車、東口より右へ10軒目
    都営地下鉄浅草線「浅草橋」駅下車、A2出口すぐ
TEL◆03-3851-0161(代)
地図はこちら

吉德これくしょん展示室

「吉德これくしょん常設展」

吉德これくしょん展示室は5月15日から常設となりました。数千点に及ぶ収蔵品より常時約50点を公開し、随時展示替えいたします。ひな人形や五月人形をはじめ、皇室ゆかりの御人形、人間国宝の作品など、貴重な作品が並びます。

会期:5月15日~
会場:吉德浅草橋本店4F 吉德これくしょん展示室
観覧時間:10:00 ~ 17:00
休日:本店休業日
観覧料:無料

店内風景A 店内風景B 店内風景C 店内風景D 店内風景E 店内風景F 店内風景F 店内風景F 店内風景F 店内風景F 店内風景F 店内風景F

▼下の写真をクリックするとコレクションの詳細をご覧いただけます▼

  • 吉徳の歴史
  • 日米親善人形
  • 節句人形の飾り方・しまい方
  • 吉徳ひな祭俳句賞
  • 吉徳これくしょん

△ページトップへ