浅草橋本店イベント情報

「ランドセル販売」のお知らせ

浅草橋本店では、6年間ずっと安心して使える品質にこだわりのランドセルを20%OFFで販売いたします。

店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A

「吉徳で買うランドセル」
吉徳では江戸のむかしより子どもの誕生をお祝いする「節句人形」を商い、日本の文化とともに歩み続けてまいりました。
常に童心を尊び、子どもたちの健やかな成長を願う当社は、お子様方が小学校6年間に使用されるランドセルも販売しております。「節句人形」も「ランドセル」も、子どもを思う気持ちに変わりはありません。
初節句や七五三同様、小学校入学も人生の大きな節目です。吉徳は素材・製法にこだわったランドセルを揃え、お子様のご成長を見守るご家族のお手伝いをさせていただきたいと願っております。

店内風景A

◎「ランドセル」のオンライン販売は《こちら


第十回「にんぎょう うらら展」

第十回「にんぎょう うらら展」は終了しました。ご来場、誠にありがとうございました。

うららTOP


吉徳の人形 浅草橋本店にて、10月23日(土)~11月3日(水)まで「第十回 人形うらら展」を開催いたします。「伝統の市松人形と現代の創作人形」の職人と作家が一堂に会し、未来に繋がる日本の人形の今を数多の人形たちでご紹介します。同期間中はワークショップやトークショーの開催、また「うららの小部屋」と称したファンコミュニティも開催。出展作家もおりますので着物の組み合わせや着せ付けのアドバイスもいたします。
第十回「にんぎょう うらら展」特設ページ

展示販売 重陽の節句「わたしのおひなさまフェア」

重陽の節句「わたしのおひなさまフェア」は終了しました。ご来店、誠にありがとうございました。

重陽の節句

旧暦の九月九日(現在の十月中旬頃)は、古くより「重陽の節句」又は「菊の節句」と呼ばれて、長寿を祈る日とされております。また、江戸時代には「後の雛」と称して、桃の節句と同様に雛人形を飾るゆかしい風習がありました。女の子の健やかな成長を願うのが「桃の節句」ならば「菊の節句」はいつまでも健康で毎日を過ごせることを願う大人の女性のためのひなまつりであるとも言えるしょう。

そこで当店では
・子供のころ、雛人形を飾ってもらえなかった…
・かわいい孫のお人形と一緒に私の雛人形も飾りたい…
・大好きなお母様、おばあちゃまにプレゼントしたい…
などなど、そんなお客様のため、雛人形や雛道具を数多く取り揃えた展示販売「わたしのおひなさまフェア」を10月8日(金)まで開催しております。 重陽のよき日を前に、ぜひ皆様お揃いでお越しくださいませ。

会期:9月14日(火)~10月8日(金)
会場:吉徳浅草橋本店1F
休日:本店休業日

【重陽の節句「わたしのおひなさまフェア」の様子】
店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A

3日間限定!「第3回 ひな人形・五月人形 早期ご優待キャンペーン」開催のお知らせ

「第3回 早期ご優待キャンペーン」は終了しました。ご来店、誠にありがとうございました。

店内風景A


浅草橋本店では9月10日(金)〜12日(日)の3日間限定で、ひな人形・五月人形早期ご優待会を開催いたします。ひな人形、五月人形のほか、お子様が6年間安心してお使いいただけるランドセルも この時期だからこその特別価格でお求めいただけます。チラシをご持参のお客様限定で、ご来店特典としてぬいぐるみプレゼントさせていただきます。 下記 各種催しの参加費は無料ですので、ご家族やご友人をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
※ご来店の際はチラシを印刷のうえ ご持参ください。(または携帯画面をスタッフにご提示ください)
「チラシはこちら

◉イベント情報

①『ひな人形、五月人形〈お値引き&ご購入プレゼント〉W特典 』
期間中、ひな人形、五月人形をお買い上げいただいたお客様に!
〈ご購入プレゼント 1 〉
「1.お子様のお名前入り木札」「2.毛氈」「3.お被布(ひな人形ご購入の方)、陣羽織(五月人形ご購入の方)」をプレゼントいたします。(※全てお人形とご一緒にお届けいたします)
〈ご購入プレゼント 2 〉
大人気商品「パンダのぬいぐるみ」もプレゼントいたします。高さ52cmの抱きしめられる大きめサイズです。 ご購入プレゼント特典


②『ランドセル早期販売』
背負いやすさ、使いやすさ、また縫い目ひとつとっても職人がこだわった、6年間を通して安心してご使用いただける丈夫なランドセルを 特別価格にて取り揃えております。

③『ぬいぐるみフェア開催』(4階)
4階ホールにて、吉徳の自慢のぬいぐるみを取り揃えたフェアを開催いたします!また4階ホール横、吉徳これくしょん展示室では「吉徳のぬいぐるみ65周年記念展」も9月10日(金)より開催中♪こちらも併せてご覧くださいませ。

【新型コロナウイルス感染対策についてのご案内】
新型コロナウイルス感染対策


【イベント概要】
日時:9月10日(金)〜12日(日) 9:30〜17:00
会場:吉徳の人形 浅草橋本店
住所:〒111-8515 東京都台東区浅草橋1-9-14
アクセス:JR浅草橋駅東口徒歩1分 都営地下鉄浅草橋駅A2出口すぐ
お問い合わせ:TEL.03-3863-4419 / FAX.03-3851-4419
参加費:無料・駐車場完備、授乳室完備

「旧暦「郷土の土雛」展示・即売会」開催のお知らせ

「旧暦「郷土の土雛」展示・即売会」は終了しました。ご来店 誠にありがとうございました。

6月20日(日)から6月27日(日)まで当店4階にて、歴史ある日本郷土玩具の会が主催する「旧暦「郷土の土雛」展示・即売会」を開催いたします。また、「日本の郷土玩具展示・販売」も同時開催いたします。逸品揃いの名品、1点だけの逸品をお求めに、是非、ご来場ください。

会場:吉徳浅草橋本店4F
日時:6月20日(日)〜6月27日(日) 10:00~17:00

店内風景A


「特選 五月人形フェア」開催のお知らせ

「特選 五月人形フェア」は終了しました。ご来店 誠にありがとうございました。

「特選 五月人形フェア」では 週替わりで3月28日(日)まで 著名な五月人形作家の作品をご案内いたします。また、各週 対象作家の五月人形製作過程を「店内モニターにて放映」いたします。普段 目にする機会の少ない五月人形作家の製作過程を ぜひ映像にてご覧ください。(毎年ご好評いただいております「五月人形 製作実演」は諸般の事情により実施いたしません)

作家プロフィール
〈別所 実正(べっしょ じっしょう)氏プロフィール〉
1954年、東京浅草生まれ。1972年より父である二世実正に師事し、厳しい修練と薫陶を受け甲冑製作の基礎を学ぶ。1975年、父と子の甲冑に対する情熱と夢を実現させるために製作工房を埼玉県庄和町に移す。1983年に三世別所実正を襲名、現在に至る。作風は平安、鎌倉、室町時代の実戦用の美しい甲冑と江戸時代の装飾性豊かな甲冑とを基本に、優雅さを加味し、現代感覚を取り入れて製作されます。その高い技術から“名匠”と呼ばれるに相応しい甲冑師です。
《別所実正氏 オンラインストア商品はこちら

作家プロフィール
〈小柴 鑚穂(こしば さんすい)氏プロフィール〉
1960年、東京生まれ。高校卒業後、父・三代小柴暁山のもとで、江戸甲冑の製作を修業。その後、古代甲冑の復元に興味を抱き、先代加藤一冑の三男・加藤良氏に師事して、国宝大鎧の縮尺復元の技術を学ぶ。1990年、小柴鑚穂を名乗り、父暁山とともに工房を設立、現在に至る。その作風はあくまで古代甲冑の模写を基本としながらも、鹿革部分に印伝を用い、また縅糸にも独自の工夫を加味するなどして、凛とした風格に満ちています。江戸甲冑師の中堅を担う作家です。
《小柴鑚穂氏 オンラインストア商品はこちら

作家プロフィール
〈平安 一水(へいあん いっすい)氏プロフィール〉
1968 年、京都生まれ。大学卒業後、父(三代 平安一水)に師事し、京甲胄の伝統的技法の習得に努めました。研究研鑽を重ね、2007 年、技術継承者として、四代 平安一水となりました。「一水」とは山紫水明の京都東山の渓谷より流れ出る一条の水の如く端正にして力強い流れのような甲胄作りを願ってつけた号です。祖父の代より引き継がれた伝統的技法を充分に生かしながら、より幅広い作品の製作を手がけています。また、新しい技法の考案にも積極的に取り組むなど、常に作品の品質向上に努め、より洗練された伝統美の表現を目指しています。
《平安 一水氏 オンラインストア商品はこちら

「特選 雛人形フェア」開催のお知らせ

「特選 雛人形フェア」は終了しました。ご来店 誠にありがとうございました。

「特選 雛人形フェア」では 週替わりで2月14日(日)まで 著名な雛人形作家の作品をご案内いたします。また、各週 対象作家の雛人形製作過程を「店内モニターにて放映」いたします。普段 目にする機会の少ない雛人形作家の製作過程を ぜひ映像にてご覧ください。(毎年ご好評いただいております「雛人形 製作実演」は諸般の事情により実施いたしません)

作家プロフィール
〈安藤桂甫(あんどう けいほ)氏プロフィール〉
1924年、京都生まれ。1946年より先代桂甫(父)に師事。以後六十有余年京雛の伝統技術を継承して研鑽を重ね、京人形界を代表する重鎮としてゆるぎない地位を確立し活躍を続けています。京都府知事表彰「京都府伝統産業優秀技術者」および厚生労働大臣表彰「卓越技能者」。2007年「黄綬褒章」受賞。

《安藤桂甫氏 オンラインストア商品はこちら


作家プロフィール
〈樋泉円(ひいずみ まどか)氏プロフィール〉
人形の持つ愛らしさに魅せられて、着付師・津田蓬生(先代)に師事し、十数年にわたりその名人芸を学んだのち、1983年に独立し、製作活動を開始しました。製作は本仕立ての衣裳を立ち姿の人形に着せ付け、これを座らせるという方法を取るため、非常な手間を要します。熟練した確かな技を持つ雛人形作家です。

《樋泉円氏 オンラインストア商品はこちら


作家プロフィール
〈大久保 寿峰(おおくぼ じゅほう)氏プロフィール〉
1970年、京都生まれ。有職京人形司であり 父でもある一世大久保寿峰の許で一子相伝の技を受け継ぐため人形製作の道に入り「変わらないものへの憧れ」を形にすることをテーマに人形作りを研鑽する傍ら、異業種と「和」のコラボレーションを実行し、そこで培った様々な研究や技術を京雛の伝統工芸に生かし、全国の百貨店、画廊に於いて発表を続けています。伝統技術の基本を守りつつ、京人形界に新しい風を送り続けている京人形司です。

《大久保寿峰氏 オンラインストア商品はこちら


作家プロフィール
〈大橋 弌峰 (おおはし いっぽう)氏プロフィール〉
1940年、京都生まれ。京雛づくりの名匠・初代大橋弌峰を父に持ち、一子相伝の厳しい修行と研鑽を重ね、その絶妙な名人技を見事に継承しています。また雛まつりの歴史を彩る享保雛など古典雛の再現も行い、京雛人形界の代表的作家となっています。(瑞宝単光賞受賞。京都府伝統産業優秀技術者認定。伝統工芸士認定)

《大橋弌峰氏 オンラインストア商品はこちら

「1日だけの郷土玩具即売会」開催のお知らせ

「1日だけの郷土玩具即売会」は終了しました。ご来店 誠にありがとうございました。

1月17日(日)に当店4階にて、歴史ある日本郷土玩具の会が主催する「1日だけの郷土玩具即売会」を開催いたします。逸品揃いの名品、1点だけの逸品をお求めに、是非、ご来場ください。

会場:吉徳浅草橋本店4F
日時:1月17日(日) 10:00~16:00

店内風景A


「令和3年 新作 雛人形・五月人形 早期特別ご優待会」開催のお知らせ

令和3年「早期特別ご優待会」は終了しました。ご来店、誠にありがとうございました。

「令和3年 新作 雛人形・五月人形 早期特別ご優待会」を浅草橋本店にて、12月30日(水)まで開催しております。この機会ならではの早期ご優待価格にて販売いたします。令和3年の新作 雛人形・五月人形を、いち早くご覧になれますので、ぜひ、ご家族おそろいでお出かけください。

※お人形のお届けは12月下旬から(応相談)となります。予めご了承ください。

店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A 店内風景A

「五月人形 製作実演」のお知らせ

「五月人形 製作実演」は終了しました。ご来場、誠にありがとうございました。

甲冑師 別所 実正 師、小柴 鑚穂 師による、五月人形製作実演を下記日程にて行います。普段目にする機会の少ない各作家の技術をご覧いただけます。また、各作家の製作したお人形も多数取り揃え皆様のご来店をお待ちしております。ぜひ、この機会に浅草橋本店へお越しください。

甲冑師 小柴 鑚穂(こしば さんすい)師による甲冑製作実演

作家プロフィール
〈プロフィール〉
1960年、東京生まれ。高校卒業後、父・三代小柴暁山のもとで、江戸甲冑の製作を修業。その後、古代甲冑の復元に興味を抱き、先代加藤一冑の三男・加藤良氏に師事して、国宝大鎧の縮尺復元の技術を学ぶ。1990年、小柴鑚穂を名乗り、父暁山とともに工房を設立、現在に至る。その作風はあくまで古代甲冑の模写を基本としながらも、鹿革部分に印伝を用い、また縅糸にも独自の工夫を加味するなどして、凛とした風格に満ちています。江戸甲冑師の中堅として今後を大いに期待される作家です。
※小柴鑽穂氏による製作実演は、諸般の事情により中止とさせていただきました。


甲冑師 別所 実正(べっしょ じっしょう)師による甲冑製作実演

作家プロフィール
〈プロフィール〉
1954年、東京浅草生まれ。1972年より父である二世実正に師事し、厳しい修練と薫陶を受け甲冑製作の基礎を学ぶ。1975年、父と子の甲冑に対する情熱と夢を実現させるために製作工房を埼玉県庄和町に移す。1983年に三世別所実正を襲名、現在に至る。作風は平安、鎌倉、室町時代の実戦用の美しい甲冑と江戸時代の装飾性豊かな甲冑とを基本に、優雅さを加味し、現代感覚を取り入れて製作されます。その高い技術から“名匠”と呼ばれるに相応しい甲冑師です。

※別所 実正 師の製作実演は終了いたしました。

「市松人形 制作実演」のお知らせ

「市松人形 制作実演」は終了しました。ご来場、誠にありがとうございました。

市松人形作家達による製作実演を2月8日(土)〜11日(火(祝))まで開催いたします。作家達が製作したお人形も多数取り揃え皆様のご来店をお待ちしております。ぜひ、この機会に浅草橋本店へお越しください。

【製作実演 開催日程】

2月8日(土) 10時〜16時「岩村 亮 師」の製作実演

店内風景A


2月9日(日) 10時〜16時「山崎 明咲 師」の製作実演

店内風景A


2月10日(月) 10時〜16時「藤村 光環 師」の製作実演

店内風景A


2月11日(火(祝)) 10時〜16時「藤村 紫雲 師」の製作実演

店内風景A


「雛人形 制作実演」のお知らせ

「雛人形 制作実演」は終了しました。ご来場、誠にありがとうございました。

女流作家・樋泉円(ひいずみ まどか)氏主宰の円工房を始め、京雛作家・大久保寿峰師、お人形の頭(かしら)の製作実演など、普段目にする機会の少ない各作家の技術をご覧いただけます。また、各作家の製作したお人形も多数取り揃え皆様のご来店をお待ちしております。ぜひこの機会に浅草橋本店へお越しください。
(下記日程にて「雛人形製作実演」を行います)

「木目込人形作家 有松 陽寿(ありまつ ようじゅ)師による木目込人形製作実演」

作家プロフィール

〈プロフィール〉
1941年、東京生まれ。1961年彫刻家高村光雲門下の中野四郎氏に師事して木彫を学びました。その技法を活かして木目込人形の原型造りを修得、独自の境地を切り拓き、1969年有松人形工房を設立。独立後の精進により、各展示会において数々の受賞を重ねています。現在、手作りの伝統技から生まれるその作品は高い評価を得、通商産業大臣(当時)指定の伝統的工芸品「江戸木目込人形」の伝統工芸士として活躍しています。

日時:2月2日(日)10時~16時
場所:浅草橋本店2階


「節句人形工芸士 秋葉 聡(あきば さとし)師による雛人形製作実演」

作家プロフィール

〈プロフィール〉
1975年 東京都新宿区生まれ。中学、高校、大学は「スポーツ一直線」という異色の作家。1999年 吉德入社をきっかけに、今までに経験したことのない「雛の世界」に触発され、2年間の人形販売を経験後、人形製作の道に入る。人形作りの奥深さ・楽しさを体感しつつ研鑽を重ね、2012年に節句工芸士に認定される。現在も、お客様に喜んでいただけるお雛様をお届けしたいと日々努力している。

※秋葉聡 師による雛人形製作実演は終了いたしました。


「樋泉 円 主宰 円工房による衣裳着付け」

作家プロフィール

円工房が作る雛人形は、本仕立の衣裳を立ち姿の人形に着付け、これを座らせるという方法を取るため、稀有な手間と技術を要します。熟練した確かな技をこの機会に是非ご覧ください。

※円工房による衣裳着付け実演は終了いたしました。


「吉德オリジナル頭(かしら)製作実演」

作家プロフィール

「顔がいのちの吉德」、その代表ともいえる「吉德オリジナル頭」。「能楽鶴亀雛」や「江都みやびシリーズ」など、当社の看板ともいえる雛人形にも使用されているそのお顔の製作実演を行います。職人による面相や結髪作業など普段見ることができない工程を是非この機会にご覧ください。

※吉德オリジナル頭の製作実演は終了いたしました。


「京雛作家 大久保 寿峰(おおくぼ じゅほう)師による本式衣裳着付」

作家プロフィール

〈プロフィール〉
1970年、京都生まれ。高校卒業後、有職京人形司であり、父でもある一世 大久保寿峰の許で一子相伝の技を受け継ぐため、人形製作の道に入りました。「変わらないものへの憧れ」を形にすることをテーマに人形作りを追求する傍ら異業種と和のコラボレーションを実行し、そこで培った様々な研究や技術を京雛の伝統工芸に生かし、全国の百貨店画廊に於いて発表を続けています。1999年「源氏物語」の文章から忠実に起こした衣裳をまとう雛人形を発表。2011年からは古代染色に挑戦し、3年の歳月をかけて平安時代の色彩の再現に成功して、古代染色衣裳の雛人形を発表。父である一世 寿峰と共に、伝統技術の基本を守りつつ、京人形界に新しい風を送り続けている、将来を嘱望される京人形師です。

※大久保寿峰師の本式衣裳着付実演は終了いたしました。