雛人形はふたりめの娘にも新たに用意すべき?

雛人形はふたりめの娘にも新たに用意すべき?

ふたりめの娘が生まれたら、雛人形はどうしたらいいでしょう? もう1つ買う? お姉ちゃんと共用の雛人形ということにする? ふたりめの娘に雛人形を用意すべきかどうか迷った時の解決法をお教えします。

ふたりめの娘にも新たな雛人形は必要?

ふたりめの娘が生まれたら、もう1つ新しい雛人形を用意してあげるのが良いでしょう。
なぜなら雛人形とは本来、子供の災厄や災難の身代わりとなる「人形(ひとがた)」(「形代(かたしろ)」ともいう)だからです。これは、お守りと同じく、1つの願いにつき1つ用意するものです。長女のために用意した雛人形は長女の災厄を引き受けるひとがたで、次女も一緒に守ってもらうという願い方は誤りなのです。

とはいえ雛人形を2組飾るのが難しいご家庭も多いことでしょう。その場合、ふたりめのお子様専用の守り神となるような人形(災厄を身代わりしてくれるひとがた)を新たに用意しましょう。

ふたりめに購入する雛人形は大きさ、金額に差を付けたほうがいい?

「長女だから、次女だから」と姉妹で金額に差を付けるのは、両親としても望まないことだと思います。できれば同じぐらいの大きさ、金額のものを購入するのが理想的です。
しかし予算やスペースの都合でそのようなものを選べない場合もあるでしょう。そういう場合は趣きを変えて、タイプの異なる人形を選ぶ方法もあります。まったくタイプが違えば、姉と妹で比較する必要もなくなります。

上の娘が生まれた時に段飾りの雛人形を購入したため、ふたりめの娘の雛人形を置くスペースがないというご家庭も多いでしょう。その場合は、次のように対処することをおすすめします。

ふたりめには小さいサイズのものを用意する

スペースがない以上、ふたりめの雛人形が小さいサイズになるのは避けられません。その場合、「二番手」感が出ないように配慮してあげましょう。上の子に段飾りを買ったら下の子には親王飾り、というように新しい切り口で雛人形を選ぶのもよいでしょう。

ふたりめには市松人形、浮世人形を用意する

ひとがたとして子供の災厄を引き受けてくれる人形は、雛人形とは限りません。かわいい女児をかたどった「市松人形」や「浮世人形」も、桃の節句に飾るのにふさわしい人形です。

ふたりめにはつるし飾りを用意する

華やかで可愛らしいつるし飾りは、雛人形と同じく子供の厄除けや幸せを願うものです。上の子用の雛人形に下の子用のつるし飾りを組み合わせて飾れば、華やかな雛の空間ができあがります。

桃の節句は楽しくお祝いをしましょう

桃の節句は、「上巳の節句(じょうしのせっく)」と呼ばれる、古代中国の行事が起源になっています。上巳の節句とは、3月最初の巳の日に厄祓払いをして宴を催すことです。桃の節句の日にはぜひ、祖父母、親戚、知人などを招いてお祝いの会を催しましょう。食卓には縁起の良い食材を並べて、楽しくお祝いしてください。

桃の節句にふさわしい縁起食材いろいろ

  • 鯛……体の色が祝いをあらわす赤で「おめでたい」と語呂も良く、祝い魚の代表格です
  • えび……美しい赤は祝いを表し、腰が曲がった姿は長寿を表しています
  • ちらし寿司……えび(長寿)、れんこん(見通しが良い)、錦糸卵(金運)など、縁起物がたくさん入ったお寿司です
  • はまぐりのお吸い物……はまぐりは対になったものとしか貝殻がぴったり合わないので、昔から夫婦和合の縁起物です
  • ひし餅……ひし餅の三色はそれぞれ、ピンク=「魔除け」「桃」、白=「清らか」「雪」、緑=「健康長寿」・「大地」という意味が込められた色だとされています
  • ひなあられ……昔は野山に出て遊んだ時の携帯食でしたが、今では「1年を通して健やかに過ごせますように」という願いが込められています
  • 白酒……桃の花を漬けた「桃花酒」が白酒の起源です。桃には魔除けの力があるとされ、邪気払いとして飲むものでした。今では子供が飲めるようにノンアルコールの甘酒なども代用されます。

娘に桃の節句のお祝いをいただいたら……

桃の節句に祖父母や親戚などから、お祝い・ご祝儀をいただくことがあります。自宅でお祝いの会を開いた場合は、そこでおもてなしをすることが内祝いの代わりになりますが、出席できなかった方には、内祝いとして子供の名前でお菓子などを贈るようにしましょう。
祖父母から多額のご祝儀をいただいた場合も同様です。内祝いは必ず3月中に送ります。離れて暮らす祖父母や親戚の方には、雛祭りの写真を添えて送ると、可愛らしい姿が見られるので喜んでもらえます。

桃の節句は女の子の健康と幸せを願う行事、そして雛人形は子供の身代わりとなって災厄を引き受けてくれるお守りのような存在です。
女の子がふたりになるとつい、「雛人形はもう家にあるからいいかな……」と思いがちですが、ふたりめ以降のお子様にも守り神は必要です。上記を参考にそれぞれの娘さんへ、お守りとなる雛人形を用意してあげてください。

吉徳の雛人形のご紹介」  「吉徳の直営店はこちら