吉徳ひな祭俳句賞

吉徳ひな祭俳句賞 2020年入賞作品

第三十六回「吉徳ひな祭俳句賞」は、おかげさまで応募総数4,468句の投句をいただきました。
この中から「一般の部 12作品」「ジュニアの部 12作品」の計24作品を、選者・黒田 杏子(くろだ ももこ)先生によって選句させていただき、ここに発表させていただきます。

【第三十六回「吉徳ひな祭俳句賞」入賞作品一覧の PDFはこちら

なお、入賞作品24作品(選評付き)及び選者吟3作の「吉徳ひな祭俳句賞 展示発表会」を3月3日(火)まで、浅草橋本店3階特設会場にて開催中です。皆様のご来場をお待ちしております。

【選者吟】

  • 雛の句選み了へたる夜の安堵
  • 雛の間に座してしばらく兄と父
  • 寂庵の七段飾雛の膳

    黒田 杏子

一般の部 入賞12作品・応募総数2,175句(敬称略)

【最優秀賞】

  • 雛の耳亡き子の声も聞こえます

    山下 久代(五七歳 会社員)鹿児島県鹿児島市

【一席】

  • 雛飾る夢を見たよと母の声

    ローゼン 千津(六十歳 主婦)山梨県南都留郡

【二席】

  • 雛と聴く母の想ひ出話かな

    曽根 新五郎(六四歳 農業)東京都新島村

  • 百年の雛百年の梁の下

    寺津 豪佐(五十歳 公務員)島根県松江市

【三席】

  • 明日へゆくわたしを見てておひなさま

    森長 美心(十六歳 高校一年)岡山県立倉敷青陵高等学校

  • 子が生まれ我が家も雛の家になる

    月本 河童(三六歳 会社員)東京都墨田区

  • 年重ね雛さんみたいなれたかな

    髙橋 裕帆(二三歳 学生)埼玉県上尾市

【四席】

  • 瓦礫から掘り出す雛の日の記憶

    千吉良 岳(五七歳 中学校教員)青森県むつ市

  • 手から手へ抱かれしやや子雛祭り

     林 由梨(二七歳 小学校教員)山口県山陽小野田市

  • 玄関に届く雛様陽ごと抱く

     忽滑谷 三枝子(六二歳 主婦)群馬県渋川市

  • ひな人形家族みんなで飾る夜

    金西 めぐみ(十六歳 高校一年)東京都・開智日本橋学園高等学校

  • 妻に似てきた娘との雛納め

    梅田 昌孝(六六歳 無職)愛知県北名古屋市


ジュニアの部 入賞12作品・応募総数2,293句(敬称略)

【最優秀賞】

  • ひな祭りいみある祭りだと思う

    幕田 涵(小学六年)東京都・葛飾区立幸田小学校

【一席】

  • 人形師雛に込めてく心持

    田沼 有彩(中学一年)東京都・開智日本橋学園中学校

【二席】

  • 朝おきて見つめる雛と祖父の遺影

    島﨑 菜津貴(中学三年)東京都・小野学園女子中学校

  • ひなの日やあたり一面笑顔咲く

    中村 蓮(中学一年)青森県・むつ市立大湊中学校

【三席】

  • ひな人形だれかに似てるだれだっけ

    木嶋 雪乃(小学五年)宮城県・石巻市立虻田小学校

  • ぼんぼりに火をともしたらひなまつり

    栗田 敬太(小学四年)兵庫県・丹波篠山市立城北畑小学校

  • ひなを出す母との時間宝物

    石川 胡桃(中学三年)長崎県・佐世保市立祇園中学校

【四席】

  • 見てるだけで笑顔になれる雛人形

    川村 妃菜花(中学三年)青森県・むつ市立大湊中学校

  • ゆめにまであらわれわらうひなにんぎょう

    細江 百杏(小学四年)岐阜県加茂郡

  • ひなまつりまいとしあるよたのしいな

    おぐら みなと(五歳 こども園)新潟県・長岡市恵和こども園

  • ひな人形新しい家に花がさく

    鈴木 祷馬(小学五年)山口県・山陽小野田市立高千帆小学校

  • おひなさま家族みんなでパーティーだ

     桐谷 ののは(小学三年)鳥取県・鳥取市立鹿野学園


黒田 杏子 先生 総評(直筆)

 
 
 
 
【「吉徳ひな祭俳句賞」歴代の入賞作品一覧 】

【「吉徳ひな祭俳句賞」昨年度の応募要項】
  • 吉徳の歴史
  • 日米親善人形
  • 節句人形の飾り方・しまい方
  • 吉徳ひな祭俳句賞
  • 吉徳これくしょん